ガン保険は見積りが重要です

がん保険と見積もりについて

先日、私の叔父が、肺がんであることがわかりました。叔父は、タバコが大好きで、毎日何本も吸う人でしたから、いつかは肺がんになるのではないかと思っていたのですが、その心配は的中してしまいました。しかし、現在は、がんになったとしても、手術で治った人も、たくさんいますよね。ですから、そこまで悲観する必要はないと思います。ただ、がん保険に入っていた方が、先進治療なども受けられる場合もありますから、私もそろそろ、がん保険の加入について、検討しておいた方が良いと思っています。
また、私の夫も、去年までは禁煙していたのですが、今年に入ってから、再びたばこを吸うようになりました。あれだけ苦労して禁煙したのに、なぜまた吸うようになったのかはわかりませんが、仕事が大変で、ストレスが溜まるようになったのかもしれませんね。本当は、また禁煙して欲しいと思っているのですが、今はそのまま好きなようにさせています。でも、夫も、肺がんなどになったときのことを考えて、がん保険に加入した方が良いと思っています。
人って、どんなに健康的な生活を送っていても、がんになる人はがんになってしまいます。ですから、いつ自分ががんになっても、安心して治療が受けられるように、がん保険に加入しておくことが大切になってくるのかもしれません。備えあれば、憂いなしということわざもありますからね。ですから、今度、保険会社で、がん保険の見積もりをしてもらおうと思っています。

Copyright (C)2017ガン保険は見積りが重要です.All rights reserved.